豪華な生活は本当に叶えたい?人の夢ではなく、自分の夢の見つけ方

スポンサーリンク

自分の人生を生きるライフスタイルに変えた、もえです。

 

夢は寝ているときに見るもので、「夢は夢」として生きてきて、何かのきっかけで「夢は叶えるもの」だと気づく時が来ると思います。

 

夢を描くのは素敵なことです。

 

私も数年前から、やりたいことを叶える人生にシフトしてきました。

そこで思うのが、夢は本当に叶えたいかどうかが重要だということです。

 

危険なのは、”人の夢”を自分の夢だと勘違いすることです。

 

今でこそ、自分の本当に叶えたい夢を描くようになりましたが、私も以前までは”人の夢”を描いていました。

 

タワーマンションに高級車、豪華旅行に高級ブランド品・・・・

そんな豪華な生活を手に入れるんだ!と夢見ていたことがあります。

 

でもそれは、自分の夢ではなく、”人の夢”を描いていたんです。

 

目の前で見せられる豪華な生活を自分の夢だと思ってしまう

大学を卒業したら、履歴書出して面接して・・・・

雇われて働くのが普通だと思っていました。

もちろん、起業や独立して自分でやっていく道もあることは知っていましたが、自分には関係のない話でした。

だから、自分がお金持ちになるのも豪華な暮らしをするのも、宝くじでも当たらない限り無理な話だと思っていました。

 

そんなある時、ネットワークビジネスをやっている子に、過去の経験など関係なく頑張ったら夢は叶うということを教えられました。

そして、目の前で見せられるのは、タワーマンションや高級車など豪華な生活ばかり。

 

私は、子どもの頃からお金が無いことで悔しい思いをしてきたせいか、それらを自分の夢だと思いました。

『絶対お金持ちになって、豪華な生活を手に入れるんだ!!』と夢に掲げたのです。

 

 

ですが、いつしかそんな夢は消えていきました。

消えたというより、優先順位が下がったと言った方が正しいかもしれません。

豪華な生活は、「本当に自分がやりたいこと」ではなかったんだなと気付きました。

人の夢を見ていたんだな、と。

 

 

描いていた夢は承認欲求によるものだった

なぜこの夢が消えた(優先順位が下がった)かというと、

自分を認めるようになったことが大きな理由です。

 

 

私が豪華な生活を夢に掲げていたのは、

認められたかったから

凄いと言われたかったからです。

 

 

考えてみれば当時の私は、『凄いと言われたい』という思いからくる行動が多かったです。

「こうしたら凄いって言われるかな?」と、”意外性のあること”をよくやっていました。

それで「凄いね!」と言われたら心地良くて・・・。

言ってみれば、承認欲求の塊のようなものでした。

 

だから、豪華な生活も人に凄いと言われるためのものだったんです。

豪華な暮らしって、周りから「凄い!羨ましい」って思われますよね?

 

「私の家、〇〇にあるタワーマンションなんだ!」

「すごーい!」

 

「私の愛車、ポルシェなの」

「すごーい!」

 

これを得たら人に凄いと言われるだろうな!という思いからきていたのです。

もちろん、当時の私はそれが「夢」だと思っていました。

 

自分を認めることで夢が変わった

その頃の私は、本当に自分に自信がありませんでした。

何の能力も魅力も無いし、何のために生まれてきたんだろう?レベルで。

自分のことも大嫌いでした。

だからこそ、意識が外に向き、人に認めてもらおうとしていたんです。(当時の自分にはわかりませんでしたが)

 

認めて!私のこと認めてよ!

 

本当は、他人に訴えているようで、それは自分自身への訴えだったんです。

意識を内に向け、自分が自分を認めることが必要だったんです。

 

 

その後、心理学などを勉強したこともあって、自分を認めるようになっていきました。

それまで自分に自信がなかったし、自分のことが嫌いだったので時間はかかりましたが。

 

自分は最高の人間なんだ!

自分のこと好き。自信もある!

 

そうすると、人に認められるため、凄いと言われるためにやっていたことをしなくなっていたことに気付きました。

と同時に、夢も変わっていました。

 

 

豪華な生活

→あれ?そんなに叶えたいって思わないかも!それよりも先にやりたいことがある!

 

タワーマンション

→そもそもタワーじゃなくていい。高さはどうでもいい。

 

高級車

→そもそも私は車好きではないし、運転するよりも運転してもらう方が好き。だから、自分が所有する必要なし!

 

といった具合に。

 

今の私の夢リストは、人に見せられた夢ではなく、本当の自分の夢ばかりです。

 

あなたがもし、豪華な生活を描いているのなら、それは承認欲求を満たしたいからかもしれません。

自分のことを本当に認めてあげられているのなら、人に認められる必要なんてないからです。

人から凄いね!なんて言われる必要がないんです。

 

人の夢を描いて叶えようとしても叶わない

危険なのは、人の夢を描いてそれを叶えるためにビジネスをすることです。

 

自分ではわからないかもしれませんが、「人の夢」だから本当は叶えたいと思っていないんです。

 

ビジネスは、寝て待っていたところで稼げません。

行動しなければなりません。

ですが、そこまで叶えようと想っていないと行動に出ません。

逆に言えば、想いが強ければ強いほど勝手に行動してしまいます。

 

人の夢を描いていると、行動できないので叶いません。

自分ではやっているつもりでも、行動が足りずなかなか結果が出ないのです。

 

だからこそ、自分の本当の夢を描いた方がいいのです。

 

 

今、人の夢を見ているからと言って否定はしません。

ですが、自分の夢じゃないのに、いつまでもそれにしがみつくと叶いません。

いつでもいい。

気付いた時に、「本当の自分の夢」を描くようにしていくんです。

 

人生を変えたいのなら、本当の自分の夢を描いた方が変わっていきます。

 

本当の自分の夢を描くとどうなるか?

本当の夢を描くと、どうなるかというと・・・

  • 叶いやすくなる
  • 叶ったら幸福感を味わえる

 

本当に叶えたいことなので、誰に言われなくても行動してしまうんです。

だから、叶いやすくなります。

 

そして、本当に叶えたいと思っているからこそ、叶ったら幸福感を味わうことができます。

あ~幸せだな♪って。

これはたぶん、人の夢を見てちゃ味わえないと思います。

 

本当の自分の夢を見つけるには?

そのためにやることは、

  • 夢リストの書き方を変えること
  • 自分を認めること

です。

 

①「ビジネス」や「稼ぐ」をいったん横に置いて夢リストを書く

何かしらのビジネスをしていると、夢リストに大金が必要な夢を書きがちです。

それだと、自分の本当の夢は出てきません。

ビジネス!稼ぐ!お金!を外して自分の叶えたいことを考えるんです。

 

本当に自分のやりたいこと

本当に自分の欲しいもの

 

何でもいいんです。

100個書けなくてもいいんです。

リーダーなら、小さな夢ではなく大きな夢を持つべきだ!なんて言う人もいますが、大きいとか小さいはどうでもいいんです。

その人にとって叶えたいことであれば、何だっていいのです。

 

 

自分が叶えたいかどうかの指標は、感情です。

自分が、

  • ときめくか?
  • ワクワクするか?
  • テンションが上がるか?

「ビジネス」だとか「稼ぐ」をいったん横に置いて、ですよ!

 

②自分を認める

また、自分を認めていくことも必要です。

私も夢が変わったように、承認欲求が癒されると描く夢が大きく変わります。

人に認められるようにするのではなく、まずは自分で自分自身を認めていくんです。

 

 

時間はかかるかもしれませんが、そうしていると夢リストは本当に叶えたいものだけになります。

自分にとってワクワクするものだけになります。

そんな夢リストって最高ですよね!

 

最初は、人の夢を描いてていいんです。

過去の私もそうでしたから。

夢は途中で変わっていいんです。

自由です。

 

あなたの本当に叶えたいことは何ですか?

豪華な生活を夢見る人は、過去の私だけではないと思います。

 

タワーマンションに高級車、豪華旅行に高級ブランド品・・・なんて、

誰もがそりゃ『いいなぁ』と思うのではないでしょうか。

 

でもそれ、あなたは本当に望んでいますか?

本当に叶えたいですか?

人が見せた夢を、自分の夢だと勘違いしていませんか?

人は、目の前に見せられた夢を「自分の夢」だと、勘違いしがちです。

 

旅が好きなら、お金がない時から旅をしているんです。

車が好きなら、お金がなくても車のことに触れているんです。

 

 

この記事を書いている私は今、自分の本当に叶えたかったことを叶えている段階なので、

ものすごい幸福感を感じています!

それは、ただただ自分がやりたいって思ったことです。

他人から見てどうこうではなく、自分がやりたいだけ。ワクワクするから。

 

 

もちろん、豪華な生活を夢見るのを否定しているのではありません。

それがもし、自分の本当にやりたいことではないのなら、本当の自分の夢を見つけていくと、もっと幸せを感じれるということが伝えたいのです。

 

 

シェアしてくれると嬉しいな♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です